あなぶきホーム社員に聞いた 理想に近づく、かしこい家づくり

日々の暮らしを楽しく、
快適に過ごすために…。

設計担当

日々の暮らしを楽しく、快適に過ごすために…。

住宅の設計で、要望として多いのは何ですか?

最近は、共働きをされているご家庭が多く、室内物干しを設置したり、奥様の「家事動線」を極力短くされたい要望が多いですね。少し前までは「デザイン」が優先されたり、「おしゃれにしてほしい」とか多かったのですが、ここ1〜2年は「生活しやすくしたい」という要望がすごく多くなりました。それに伴い「収納」についてもご要望が多いですね。家事動線、収納にプラスして、「暮らしを楽しくしたい」、「子どもが遊びやすい」、「子どもを見ながら家事ができる」といったご要望も増えてきました。
あとは、マンション生活の良さも取り入れたり…。たとえば、あなぶきのマンションに設計されている「ママルーム」のようなスペースが戸建て住宅に求められています。「ママルーム」は散らかしても、目につかない場所。忙しいお母さんが家事の合間にホッとひと息ついたり、趣味の時間を持つ空間が欲しいといったご要望に、私自身も共感できますね。その他、ご質問として多いのは、「資金」と「性能」です。断熱や構造、補助金なども多くご質問いただきます。

あなぶきホームの「設計」の特長は?

あなぶきホームは、建売もございますが、「自由設計」が基本です。大手ハウスメーカーでは、使う部材などに制約がある場合も多いですが、あなぶきホームは、国内海外問わず、品質などに問題なければ、どのようなものでも使うことが可能です。

「設計」の打ち合わせをする前に、確認しておくといいことは?

設計の打ち合わせでは、デザインや機能、動線などお客様が何を重点においているかをお伺いさせていただいております。ですので、お客様が重視されている点を一度まとめた上で打ち合わせができると、大変スムーズに進むと思います。また、重視する点をお聞きする過程で、どのような生活をされているかもお話いただければ設計しやすくなりますし、結果的に住心地のよい家が完成すると思います。

設計担当として、こだわっているポイントを教えてください。

お客様の「こんな家に住みたい」という理想に対して、私たちはいろんな工夫を重ねることで「理想以上」をご提案したいと思っています。そして、住まわれてからも、「思っていた以上に良かった」と感じていただきたいと思っています。お客様のご要望を設計の専門家として客観的にみながら、それをどのようにご提案し、よりよい住空間をつくっていけるのか。ここに一番力を入れています。営業とも相談しつつ、「お客様はこういうことを求められているから、このようにすればいいね」と解決策をチームでつくっていきます。また、自由設計ですので、お客様に合わせる、寄り添うことも重要視しています。

あなぶきホームでは「建売住宅」もありますが、その場合の設計は?

あなぶきホームでは、独自の分譲地に建てたモデルルームを建売住宅として販売することもあります。以前のケースでは、女性の建築設計士3名が3戸を担当して企画・設計いたしました。私はその際は現場監督もさせていただきましたが、自由設計のようにお客様の意見をお聞きしながら設計はできないので、やがて住まわれるお客様のことを想像しながら、建売ならではの設計をいたしました。完成後ご購入したお客様と、しばらく住まわれた後にお会いする機会に恵まれたのですが、「ここにしてよかった」、「使いやすい」、「すごく考えていただいている」、「住み続けても、いまだに良かった」と直接お言葉をいただき、嬉しくなったのを覚えております。あなぶきホームでは自由設計が基本ですので、これまでお付き合いさせていただいたお客様のご要望が資産となり、建売住宅の設計でも活かせたのではないかと思います。

ハウスメーカー、工務店選びで、設計士から見たポイントは?

住宅でも事務所でも、資産運用マンションでも、「施工」がしっかりしていることが大切です。同じ会社なので自慢に聞こえてしまいそうですが、あなぶきホームの施工はしっかりしていると思います。弊社の現場監督は、それが当たり前になっているので自慢はしませんが、第三者的な立場の設計士から見ても、見えないところも丁寧で、きれいな仕事をしていると感じています。施工に定評のある会社を選ぶとよいと思います。

お客様へのメッセージをどうぞ。

あなぶきホームは、とにかく、社内コミュニケーションが良く、チームとしてお客様に寄り添う体制が整っています。設計担当者の横の連携も活発で、相談しながら設計を行っているところが、あなぶきホーム「らしさ」です。これからも、新しい観点で日々の暮らしを快適に、そして家で暮らす時間が楽しくなるような設計をしていきます。お客様の家づくりにチームの一員として加わることができるのを楽しみにしております。