事例紹介

資産運用事例023 [CASE D] 高齢化社会へ対応した サービス付き 高齢者向け住宅資産運用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーシャルワークホーム飯田様

お客様からのご相談

農業後継者が居なく、広い農地の一部を活用したい。

当社のAnswer

  • 敷地が400坪と広かった為、「一般賃貸物件」・「事務所」・「高齢者向け施設」の3パターンで提案させて頂きました。幸い敷地は幹線道路沿いではありますが、少し郊外でもある為、「一般賃貸物件」や「事務所」の提案についてはリスクが高いことが予想されます。一方、同エリアには、高齢者向け施設の入居待機者も多い事から、地域貢献の意味合いも含め、高齢者向けの施設での提案となりました。
  • サービス付き高齢者向け住宅の補助金を頭金とする事で、自己負担はほぼ不要であった為、「サービス付き高齢者向け住宅」が採用される事になりました。
  • 既に少子化の影響もあり、郊外のアパートは空室が目立ってきています。逆に高齢者向けの施設はまだまだ不足しており、入居希望者は増加の一途を辿るばかりである為、家賃下落も最小限に抑えられます。

物件のポイント

費用
  • 補助金を頭金とする事で、自己負担はほぼ不要。
経営
  • 25年間の一括借上で安定した高齢者向け賃貸経営を実現。
運営
  • 運営については経験豊富な地元の介護会社をご紹介。

物件概要

建築タイプ サービス付高齢者向け住宅

その他の事例紹介

事例をすべて見る

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-888-176

[営業時間 9:00~18:00/定休日 水曜日]

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

※24時間受付しておりますが、午後5時以降のお問い合わせ・ご相談受付分に関しては、次営業日以降のご対応となります。