社長メッセージ

”ひとり、ひとりを大切に。”

あなぶきホームの社員が充実感や成長を感じられる時、
それは、仕事を通じて我々に関っている「誰か」の役に立てた時です。
そして私たちにとっての「誰か」とは、
目の前にいるひとりひとりのお客様、そしてあなぶきホームの社員従業員、お取引先企業様、
そして私たちを支えてくれている地域社会まで広がっています。

あなぶきホームには現在37人の従業員が働いており、そこには、多くの価値観や思考そして、かけがえのない個性が存在しています。こうした中、いつでも「モノづくり」と「お客様満足」を実現するためには、あなぶきホームが大切にする信念や価値観を社内でしっかり共有することが不可欠になります。そのために設立以来、様々な経験をもとに形作られ、「理念」として掲げ、受け継がれてきた経営上の信念や価値観を、誰にでもわかるように整理、集約して「ブランド」として社員へ伝えています。

個性豊かな社員が働く場には「知恵と改善」「人間性尊重」が基本的な柱となります。そこに、「チャレンジ」「改善と工夫」「現場主義」「尊重」「チームワーク」が会社に求められます。現状に満足せず常にリスク意識を持つこと、そして高い価値観を追求しその為に知恵を絞りつづけ工夫をこらすこと、あらゆる「問題となる壁」を受け入れながら、問題を機会ととらえ社員の成長と会社の成果を結び付けること、この3つを常に念頭において行動することが、あなぶきホームで働く全てのものに求められています。また、私たちに与えられた「役目」をしっかりと認識し、その役割を果たすことが大切です。

最後に、私もみなさんとの「出会い」を楽しみにしています。

代表取締役社長手塚 恒夫