ホームリフォームしたいリフォーム事例 > 100年間、どっしりと佇む古民家。そこに新たな生命を吹き込む。

リフォーム事例

100年間、どっしりと佇む古民家。そこに新たな生命を吹き込む。

香川県高松市 K様邸

100年間、どっしりと佇む古民家。そこに新たな生命を吹き込んで、次世代へと受け継がれる住まいにRE:BIRTH。

家は家族の営みを優しく包み込む器。喜び、集い、安らぎ、慈しみ。
そこに刻まれた家族の歴史を記憶し、時の流れの中でも決してゆるがない家族の絆を語りかけます。
そんな大切な住まいのイメージを崩すことなく、現代の暮らしにフィットする心地よさを追求しました。

このページのトップへ

主な仕様

  • リフォームタイプ:古民家リフォーム
所在地 香川県高松市
築年数 約100年
構造 木造在来
工事面積 階層78㎡
家族構成 夫婦+子供1人
リフォームポイント キッチン、リビング・ダイニング、バス、洗面、洋室、和室、廊下、玄関、外壁、その他

祖父から息子、そして孫へと受け継がれた
明治の建物を現代に蘇らせた、古民家再生リフォーム。

K様邸は、およそ100年前、明治時代に建てられた堅牢な住まいです。
「この家には、私たちだけではなく、両親や祖父母の営みの歴史が刻まれています。おいそれと壊すことはできません」とK様。

とはいえ、建築から1世紀を経た住まいは、老朽化が進んでおり、機能面を見れば決して「心地よい住まい」とはいえません。「なるべく外観の雰囲気はそのまま残して、家の中を明るい空間にしてほしい」というK様の要望を、あなぶきホームはしっかりと受け止めた「RE:BIRTH」をプランニング。

まず邸内の暗さを解消するために、窓を増やし、玄関扉を高くしました。

リビングにもふんだんに光が入ってくるように、スクリーンパーテーションを設置。
施工前からは想像もつかない、明るく、開放的な空間を生み出しました。

また、昔の住まいは、自然素材を多用したオーガニックな住まいでもあります。その良さを受け継いで、床には桜の無垢材を、壁には漆喰や珪藻土を取り入れ、充分に強度を保っている梁は残しました。

このページのトップへ

  • お問い合わせ・ご相談
  • 資料請求

イベント&レポート

イベント

岡山会場 「アルファタウン一宮」 分譲住宅 見るだけキャンペーン開催!

岡山会場「アルファタウン一宮」 2棟同時見学可能!

05/27(土)~05/28(日)

update:2017.05.23

イベント

「アルファタウン伏石町Ⅱ」 現地販売会 開催!

アルファタウン伏石町Ⅱ 現地販売会 開催

05/27(土)~05/28(日)

update:2017.05.08

イベント

「アルファタウン高松中央IC北」 完成見学会 開催!

アルファタウン高松中央IC北 完成見学会 開催

05/27(土)~05/28(日)

update:2017.05.08

イベント一覧

このページのトップへ