ホーム家を建てたい家づくりのステップ

家づくりのステップ

  • 検討・相談
  • 基本プランニング
  • 設計・契約・打ち合わせ
  • 建築施工
  • お引渡し~アフターサービス

検討・相談

お客様立ち会い

現地見学

マイホームの建築やご購入をお考えの際お気軽にご相談下さい。お電話はもちろん、ご来店、ホームページからのご相談も受付けております。
弊社では素材の良さ、施工の良さを体感していただけるよう、現地での見学会へお越しいただくことをお勧めいたしております。チラシ広告やインターネットだけではよくわからない点もあると思います。スタッフの説明を聞き、更に実際に自分の目で確かめましょう。

POINT

  • 弊社では完成現場見学会やオーナー様のご好意のもと定期的な入居者宅見学会を開催しています。また、既にお住まい頂いているオーナー様のご自宅もご覧頂くことができます。
    事前予約が必要となる場合がございますので、お気軽にご連絡ください。

お客様立ち会い

ご相談

どんな家にしたいか家族で話し合いましょう。まず、自分たちの住みたい家をイメージします。それからご希望をじっくりお聞かせください。
暖かい暖炉のついたリビングルームがほしい。とにかく収納がたくさんほしい。お風呂は広くて、庭に面してほしい。ペットに快適な家づくりにしてほしいなど、ご希望に応じて、場所、家の規模、お部屋の配置、建築時期など、お客様のご希望をおうかがいしながらご提案させていただきます。お気軽にご要望や疑問点などをご相談ください。

POINT

  • 設計士の同席も可能ですのでお気軽にご依頼ください。
  • 土地からお探しの方は当社お勧め分譲地や土地探しからサポートいたします。希望エリア、広さ、予算等をお伝えください。

基本プランニングへ

現地調査

弊社担当が直接現地に行って土地の調査を行います。
主な現地調査内容は敷地の形や高低差・土地の状態(地盤の強度)・道路との関係・隣地建物との関係・給水、排水、ガスなど埋設物、電気などの調査・地域の特性や、建築制限などの行政調査等です。調査結果は後日ご報告させていただきます。

お客様立ち会い

ライフプラン・資金計画

家族構成やファミリーの未来予想図、あなたならではのライフスタイルや趣味などから、プラン提案させていただきます。また、併せて重要なのが資金計画です。負担のない資金計画(住宅ローン等)や税制についてもご相談を承ります。

POINT

あなぶきホームでは購入検討段階から資金計画について検討していくことをお勧めいたします。無理な資金計画にならないようアドバイスしています。

お客様立ち会い

基本設計・概算見積

ヒアリングさせていただきました内容に基づいて基本設計と概算見積を作成します。これをベースに、再び間取りや広さなど、設備なども一緒に検討しながら、お客さまのご要望やこだわりが反映される家になるよう、ご満足いただけるまでプランを提案させていただきます。

POINT

お見積りの前後には、ご提案仕様の確認のため、各ショールームへもご案内させていただいております。

お客様立ち会い

お申込

プラン・予算が決定すると正式なお申込となります。
お申込金の300,000円とともにお申込書にご記入いただきます。
ここから本格的に家づくりがスタートします。

設計・契約・打ち合わせ

お客様立ち会い

実施設計・見積書作成

施工に必要な実施設計図(平面図・立面図・伏せ図・矩計図・設備図・仕様書など)を作成し、ご契約前の最終ご確認をしていただいております。

お客様立ち会い

ご契約

実施設計・お見積のご確認をいただいた後、着工時期・お引渡し時期・契約金額・お支払い条件などを定め、ご契約書・契約約款を取り交わします。この際、ご契約金として工事費の一部をお支払いいただきます(金額は別途ご相談)。

POINT:ローンシミュレーション

実際には購入検討段階から資金計画について検討していくことをお勧めしています。
ご建築、ご購入にあたり、無理な資金計画にならないようサポートしています。

お客様立ち会い

ローン申込

必要書類を揃えて住宅ローンの申し込み手続きを行います。申込書・団体生命保険告知書等、必要書類への記入・押印(実印)が必要です。

POINT

申込時に必要なものとしては、実印・住民票1通・印鑑証明書1通・健康保険証(コピー)・運転免許証等(身分証明・コピー)・住民税納税証明書(年収記載のもの・市町村にて取得)などをご準備いただいております。必要書類などは担当スタッフがご案内します。
※金融機関や条件等により変更になる場合があります。
※STEP7:ご契約の前に事前審査をお勧めしております。

建築確認

公的機関に提出する確認申請書類を作成します。建築確認が交付されれば、いよいよ着工となります。また担当営業や設計スタッフとお客さまで工事内容や工期の最終確認を行います。

インテリアコーディネート・着工前の打合せ

専属のインテリアコーディネーターとともに室内外のインテリアについてのお打ち合わせを行います。住まいの外観、外装材の色をはじめ、壁、天井クロス、床材の素材や色、キッチン、バス、建具など、施工と同時に必要になる部材についても各部屋ごとにお打合せを重ねながら決定していきます。

POINT

打合せ時期は、着工の1ヶ月前が理想です。
お客様のご希望をベースにインテリアコーディネーターからもご提案させていただきます。カタログだけでなく、実物を見ることができるよう必要に応じて、各社ショールームなどをご紹介いたします。

建築施工

地盤調査・地盤改良

地盤調査・地盤改良建物の強度や安全性、設計や施工がしっかりしていても、地盤に必要な強度がなければ意味がありません。家の安全は、その土地の強度自体から考えなければなりません。地盤調査は、ほとんどの場合はスウェーデン式サウンディング試験をとっています。
この調査は先端がスクリューになった鉄柱を地中へ沈みこませて、その沈み具合で地盤の固さを計るものです。より詳しくサンプルなどが必要な計画の場合は、ボーリング調査を行います。この調査は、実際に孔を掘り地質の状態を確認する地質調査になります。 地盤調査の結果により、当社と建築家で地盤補強の必要性とその種類を判断します。地盤補強にはいくつかの種類がありますが、地盤の状態・周りの状況・建物の形状や構造など総合的に判断しています。

お客様立ち会い

地鎮祭

地鎮祭 地鎮祭とは、新築の工事着工前に、その土地をお祓いし、その土地の守護神に、工事の無事完成と建築後の家内安全を祈願する儀式です。神社や地域によって違いはありますが、次のような式次第で進みます。まず、祭壇をお祓いする 「修祓 (しゅばつ)」。祭壇に神様を招く 「降神の儀」。工事の安全を祈願する 「祝詞奏上」。四方を清める 「四方祓い」。次に行う鎮め物を納める 「地鎮の儀」 は、設計者が鎌入れをする 「刈初の儀」、施主が鋤入れをし、鎮め物を鎮めたあと施工者が鍬入れをする 「穿初の儀」 と続きます。最後に、全員で玉串を祭壇にまつる 「玉串奉奠」、祭壇から神様を送る 「昇神の儀」 で地鎮祭は終了です。直会といって、お神酒で乾杯をして場を締めます。

POINT

地鎮祭には弊社担当スタッフがサポートしますのではじめての方も安心です。両家のご両親にもご参加いただきましょう。

お客様立ち会い

地縄確認

敷地の中で実際に建物が建つ配置を確認します。柱の中心になる部分を縄で囲い家の配置を確認することで、隣地との距離や室外機、自転車、車などの置き方などが確認できます。

着工・基礎工事

着工・基礎工事 建設地・境界を確認し、いよいよ着工です。住まいの安全性や耐久性に大切な基礎工事。丈夫な鉄筋コンクリートと不等沈下に強い「べた基礎工法」で、しっかりとした基盤を築き上げます。

POINT

基礎底盤下には防湿シートを施工して、地盤面からの湿気をシャットアウトします。また、着工前にはお客様へ引渡しまでの工程表をお渡しします。

配筋検査

建物を支える基礎コンクリート部分は、コンクリートで固めてしまうと見えなくなってしまうため、その前に鉄筋の太さや配置(径やピッチ)が図面どおりに組まれているかをチェックします。配筋の検査は、いわば一番大事な構造体の検査でもあり、重要な検査です。ご都合があえば、お施主様自身も立会いのもとでの検査も行います。
基礎の配筋と共に、構造の重要な検査です。

お客様立ち会い

上棟工事

上棟工事 基礎完成後に土台を敷いた後、いよいよ上棟工事が始まります。
棟梁、レッカー車のオペレーターを含め総勢7~9名ほどで柱・梁の組立工事を行い建物の骨組を完成させていきます。

POINT

最近ではあまり見かけなくなりましたが、骨組みが完成した後、上棟式を行います。上棟式は建物骨組みの完成を感謝するとともに工事の無事完成を祈って、建主が催し、職人を慰労する式です。地域によって様式は様々ですが、一般的には棟梁 (大工の頭) が棟木に幣串を飾り、全員で、二礼二拍手一礼で工事の安全の祈願から始まります。建主が米、塩、お神酒を建物の四隅にまいてお清めを行い、安全祈願の挨拶、全員での乾杯といった形で簡易的に行います。
参加者は建主の関係者(家族、親戚、友人、ご近所など)・建築士・工事関係者です。地域によって、宴会の料理や飲み物、祭事については省略する場合もありますので、お気軽にご相談ください。

躯体・金物検査

構造金物の設置位置や施工の不具合、また、柱や梁の太さや釘の長さ、打ち付けた釘の本数、各材料の樹種や構造計算に基づき、図面どおり施工されているかどうか全箇所確認します。
誤差や不具合があれば、その是正金物を指示します。近年の木造は金物が占めるウエイトが非常に大きくなっていますので、構造材と同様に大事な検査項目です。

中間検査

法定で定められたしっかりとした検査を実施します。検査に合格後、次工程へ進みます。

屋根下地・屋根工事

上棟後、まず行うのが屋根工事です。屋根の勾配に沿って垂木を取り付け、垂木の間に断熱材を入れます。屋根下地にも構造用合板を用います。その後屋根工事に移ります。

外壁下地・外壁工事

屋根工事の前に外周廻りに構造用面材を取り付けます。釘のピッチ、耐力壁の箇所とそうでない箇所に注意して専用の釘で留めつけます。その後外壁工事に着手します。

1階床張り工事

上棟後1階の床根太の上に、針葉樹合板を張り、下地を形成します。2階の床下地は上棟時に合板を敷き詰めます。

サッシ・枠取付工事

構造用面材を取付けた後、サッシの枠を取付けます。その後、ガラス障子をはめ込み、窓の枠を取付けます。

電気配線工事

お客様と打合せしたコンセントの位置等を記載した図面を基に、電気配線工事をします。

内部造作工事

内部造作工事 床材の敷設、ドア、引き戸等の枠取付、間仕切りの石膏ボードの張り付けをおこないます。

POINT

間仕切りが出来ることで部屋の広さが具体的に分かります。

建物外部工事・足場解体

外壁工事が終了すれば、軒裏の塗装、植工事を経て、いよいよ足場を解体します。建物の外観が完成し、内部の仕上工事に入ります。

仕上工事・美装工事

仕上工事・美装工事造作工事等が完了した後、キッチンの取付、クロス工事、各住宅設備器具や照明器具等の取付が終われば建物もいよいよ完成です。

POINT

全工程終了後、美装工事を行います。ガラスも1枚1枚丁寧に拭き上げます。

お客様立ち会い

建物竣工検査(社内検査・施主検査)

建物竣工検査(社内検査・施主検査)完成した建物をまずは弊社社員で検査をします。傷、汚れ、扉の開閉等を重点的にチェックします。その後、お客様にも検査をしていただきます。

POINT

建築担当の立会いの下、完成物件の最終確認を行います。細部まで念入りにチェックし、問題があればお引渡しまでに改善いたします。

登記申請

建物完成あるいは完成間近に近づくと、建物の登記申請(所有権保存登記、抵当権設定登記)の準備、そして銀行で金銭消費貸借契約の手続きを行います。

POINT

建物登記申請時には以下のものをご準備下さい。
住民票1通 、共有名義の場合は印鑑証明書等が必要です。(必要書類等は担当スタッフよりご案内させて頂いております。)

お引越し ~アフターサービス~

お客様立ち会い

お引渡し

待ちに待ったお引渡しです。保証書、設備等の取扱説明書を一緒にお渡しいたします。

POINT

入居後の定期点検やアフターメンテナンスやオーナーサポートサービスの内容もご説明いたします。

引越し・入居

いよいよ待望の新居への入居です。引越しには引越し荷造り・荷ほどきの他に、住民票の移動、転校手続き(お子様がいる場合)、電気・ガス・水道・電話・新聞の住所変更や郵便物転送手続きなどをおこないます。

POINT

スムーズな転居を行うために、事前にチェックリストを用意して一つずつ確実に処理していきましょう。

アフターサービス

アフターサービス (1ヶ月・1年・2年・5年・7年・10年・15年・20年・25年・30年点検) 私たちが「人間ドック」を受診したり、自動車に定期整備点検が必要なように、住宅についても点検は必要です。お引き渡し後の質問や確認など、お気軽にお問い合わせください。

また、あなぶきホームでは「24時間受付コールセンター」「オーナーサポートサービス」「ハートフルコンシェルジュサービス」「オーナーイベント」など、アフターサービスの拡充に力を入れています。

ひとり、ひとりを大切に。お客様にご安心いただける住まいづくりをサポートします。

POINT

24時間受付コールセンター、ハートフルコンシェルジュサービス、オーナーイベントなどを通じて、オーナー様のアフターサービスやサポートに努めています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

このページのトップへ