ホーム家を建てたい > 住宅の地震対策

住宅の地震対策

東南海・南海地震防災対策

東南海・南海地震防災対策推進地域に香川県全域が指定されています。

私たちの地域は、2つの地震が起きた際、震度6弱以上の揺れや、3メートル以上の津波に見舞われる可能性が高く、建物の耐震化や避難経路の再構築などが必要とされています。(中央防災会議 平成15年12月16日)

東南海地震の発生確率は、30年以内に70%。

太平洋の海底には、南海トラフと呼ばれる細長く伸びたくぼ地があります。
この南海トラフ周辺では、過去100年〜150年程度の間隔で、マグニチュード8クラスの巨大地震を繰り返してきました。
前回1946年(昭和21年)に発生した「昭和南海地震」。
これと同規模以上の地震が今後30年以内に南海地震は60%、東南海地震は70%の確率で近い将来確実にやってくると予想されています。(政府の地震調査委員会より抜粋)

南海トラフ地震想定地震域と原発の位置関係

住宅の地震対策 ~耐震~

耐震構造

耐震とは建物の構造体、つまり建物そのもので地震の揺れに耐える設計のことです。建物の土台からしっかりと地盤に固定し、筋交いや金具などを用いて構造部をより強化にすることで揺れによる倒壊を防ぎます。ただし、地震の揺れ幅をそのまま受け止めてしまうため、屋内の倒壊は免れません。家具の固定なども合せて考慮する必要があります。

地震に強い家が家族を守る

1995年1月17日の阪神・淡路大震災。その犠牲者の多くは火災よりも家や建物の倒壊が原因で亡くなられました。大切なのは、あなたのお住まいの地震対策ができているかどうか。昭和56年までの古い建築基準法で建てられたものは、特に注意が必要です。

昭和56年より以前に建築された建物ですか?

古い建物は当時の法律に適合していても、壁が少なかったり、配置が適当でないことがあり、地震に弱い場合があります。

建物の基礎はしっかりしていますか?

鉄筋の入っていないコンクリートの基礎は、大地震が発生すると、家が倒壊したり傾いたりする危険があります。

お住まいのメンテナンスはできていますか?

古くなった建物は立て付けが悪くなったり、木が腐食している場合がありますので、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

以上の項目で思い当たる点がございましたら弊社では無料にて「耐震診断」を実施しております。
お気軽にお申し付けください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

このページのトップへ