木材を使うと森が育つ。森林保護のために私たちができること。

今、世界的に森林が減少しており、大きな問題となっています。森林保護のためには木材を使わない方がよい、という声もありますが、一口に「木材」といっても、それがどのような森林からどのようにして生産されたかは様々です。木を伐らないほうがいい森林もありますし、逆に、木を伐って木材として使うほうがいい森林もあるのです。

私たちの暮らしている日本の森林は、住宅の柱など材料としての「良い木材」を得るために、人々が植えた「人工林」が4割程度を占めています。この人工林の木々はまだ比較的若くどんどん生長しているのですが、このような森林を手入れしないで放っておくと、もやしのようなひょろひょろの木がぎゅうぎゅうに詰め込まれた状態となって、幹も根も十分な成長ができなくなります。

また、地面まで光が届かないために、森林の下層植生が生えず、土壌がむき出しのままになってしまい、大雨が降った時には土壌が押し流されて山が荒れたり、下流の人々の生活を脅かすような被害も出てしまうのです。

このように森林には、土壌を維持する働きがあるばかりか、水を蓄えたり、空気を浄化したりする働きがあります。

この他に、とりわけここ数年、地球温暖化を防ぐ森林の働きが重要視されています。これは、木々が光合成することによって、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収して蓄えることにより、大気中の温室効果ガスを減少させることにつながるのです。

このような森林のもっている様々な機能を十分に発揮させるには、適切に手入れすることが必要です。森林の手入れをする担い手達は、伐った木を売ることで収入を得て、それを元手にして苗木を植え、森林の手入れを行っているのです。

このため、もしも私たちが木材を使わなければ、せっかく伐った木が売れなくなりますから、担い手達は収入を得ることができなくなり、森林の手入れもできなくなってしまうのです。

木材を有効利用することにより、「植える→育てる→収穫する」という森林のサイクルがうまく循環し、林業の生産活動も活発になり、森林のもっているさまざまな機能も十分に発揮されるようになるのです。伐ったら、植えて育てること、ちゃんと管理されている森林から生産される木材をちょうどいい量だけ使うことが重要なのです。

しかし、一方で、樹木の生長する早さには限界がありますから、もしも、それを上回るスピードで木を伐っていくと、最後には山に木がなくなってしまうでしょう。

つまり、木材を使わなさすぎてもだめ、使いすぎてもだめ、ということになります。

あなぶきホームはCO2の削減に取り組んでいます。

南に雄大な太平洋、北には勇壮な四国山地、そして燦々とふりそそぐ陽のひかり。四国高知県は空も大地も海も、未だ美しい自然が豊かにあります。71万haの県土のうち約84%にあたる60万haが森林で被われその森林率は全国第1位。温暖多湿の高知県では樹木の年成長量も優れており、杉、桧をはじめとする良質の木材の産地でもあります。あなぶきホームでは高知や岡山県など、地域の国産材を利用して住宅を建築することで国産材の普及と森林の本来の循環に少しでも貢献できればと考えています。また地域と連携し森を育てることで、CO2の削減と地域の森林の育成にも取り組んでいます。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

このページのトップへ